일본어
아바타

駆逐艦菊月会
@kikuzukikai

いま語り継ぐべきことのために。

kikuzukikai 님은 1 명으로부터 매주 JP¥31 만큼을 받고 있습니다.
기부하기   신용/직불카드 자동 이체 PayPal

성명 (statement)

いま語り継ぐべきことのために、当会はできる限りの行動を起こします。

頂いた寄付金は、すべて当会による菊月の慰霊顕彰活動に使用させていただきます。 なお「当会による菊月の慰霊顕彰活動」とは、具体的には以下の通りです。

  1. 「毎年11月に靖國神社で開催する慰霊祭」1回にかかる費用: 100,000円
  2. 「復元図面のアップデート」1回にかかる費用: 200,000円
  3. 「3Dモデルのアップデート」1回にかかる費用: 500,000円
  4. 「2. 、3. を行なうために必要な現地調査」1回にかかる渡航費と傭船費の合計: 600,000円

「忘却とは、第二の死である」と言われることがあります。近年、戦争の記憶をはじめ、忘れられてはいけないことが、少しずつではありますが、「忘却」されているように感じます。

戦後の日本社会においてよく使い古された言葉の一つに、「もはや『戦後』ではない」というものがあります。 これは、日本の経済の未来についてある種比喩的に使われた言葉ですが、最近では額面通りに認識し、当会に対して「戦争の清算は終わったのだから、戦友会は前時代的だ」と仰る方もおられます。

しかし、そうではないのです。時代を戦前、戦中、戦後で区切るなら、『戦後』は書いて字のごとく「いくさのあと」で、そこには無論「現在」も含まれると当会は考えます。 私たちは『戦後』を永遠に続けられるよう、今が『戦後』だと言い続けられるよう、戦争の記憶を忘却してはいけないのです。

「忘却」、「風化」することは、防ぎようがないことだと思います。 だからこそ、誰かが未来に繋いでいく行動を起こす必要があるのです。

いつまでも菊月を残すことができるなら、それが最善手です。 しかしそのためには莫大な費用、労力、そして自分の一生を費やす覚悟が必要なのです。 ともすれば自分の一生だけでは足りないかもしれません。

さらに、今できることが、いつまでもできるとも限りません。

私たちは昭和の反省の上に立ち、平成の残り香を惜しみながらも、令和へと足を踏み入れました。 これからも『戦後』史を紡いでいくため、ぜひ当会の活動をご支援いただけますと幸いです。

다른 곳의 계정

kikuzukikai 님은 다른 플랫폼에서 다음 계정을 소유하고 있습니다:

저장소

kikuzuki-blueprint 50 1년 전 에 업데이트됨

バージョン2.0を公開しました。

역사

kikuzukikai 님은 2년 전에 가입했습니다.

주당 수익 (일본 엔화)

주간 후원자 수

이 페이지에는 아직 검토되지 않았으며 정확하지 않을 수 있는 기계 번역된 텍스트가 포함되어 있습니다. 기부할 수 있습니다.